コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重合体 じゅうごうたいpolymer

翻訳|polymer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重合体
じゅうごうたい
polymer

ポリマー。単量体 (モノマー) に対する語で,単量体が重合してできた化合物をさし,2種以上の単量体から生じる重合体を共重合体という。重合体の構造には鎖状重合体,架橋重合体 (鎖状重合体が簡単な分子の橋かけによって結びつけられたもの) などがある (→架橋高分子 ) 。天然重合体 (天然高分子) には蛋白質,核酸,セルロース,デンプンなど生体を構成する物質,合成重合体 (合成高分子) にはナイロンやアクリル繊維ポリエステルアクリル樹脂,ウレタン樹脂,合成ゴムなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうごうたい【重合体】

二つ以上の単量体が重合してできた化合物。いくつの単量体が重合するかによって二量体・三量体…といい、二ないし二〇個程度の単量体が重合したもの、あるいは分子量がおよそ一〇〇〇以下のものをオリゴマー、単量体が多数重合したものを高重合体という。ポリマー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重合体
じゅうごうたい
polymer

重合反応によって生成した合成高分子物質の通称で、ポリマーともいう。狭い意味では、ラジカル(遊離基)やイオン線状重合によってできあがった単量体構造が繰り返し連結した物質をいう。この単量体単位の数で分子の大きさを表した数を重合度ともいい、重合体分子の大きさを表す尺度としている。2種類の単量体からできあがった共重合体はコポリマーcopolymerといい、3種類の単量体からできあがった一つの高分子をターポリマーterpolymerとよんでいる。重合反応によって生成したもので比較的分子量の小さいもの、重合度で数十以下のものをオリゴマーということが多い。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の重合体の言及

【高分子】より

次に合成高分子の例をいくつかあげる。これらの高分子化合物は,それぞれの構成単位に相当する低分子化合物が互いに結合する,重合反応によって生成したポリマー(重合体)であるとみることができる。その意味で高分子のことをポリマーpolymerと通称することも多い。…

【重合】より

…小さい分子が互いに多数結合して巨大な分子,すなわち高分子となることを重合という。このとき出発物の小さい分子をモノマーmonomer(単量体),重合の結果生成する高分子をポリマーpolymer(重合体)という。そのポリマーの分子におけるモノマーからの構成単位の数を重合度という。…

【ポリマー】より

…同じ種類の小さい分子が互いに多数結合し,それに相当する構造単位のくり返しによって構成された分子,またはそれから成る物質をポリマー(重合体)という。出発物に当たる小さい分子をモノマー(単量体)といい,モノマー二つの重合体を二量体dimer,三つの重合体を三量体trimerと呼ぶ。…

※「重合体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重合体の関連キーワードpolyisoprene gomポリアクリルアミドゲルポリビニルアルコールポリエチレンオキシドポリオキシメチレンポリ塩化ビニリデンポリアクリルアミドシリコーングリースポリクロロプレンポリグルタミン酸ゲル効果(重合)ブロック共重合体ポリアクリル酸イソプレノイドポリプロピレンポリ酢酸ビニルポリ塩化ビニル塩化ビニル樹脂βポリメラーゼ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android