コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレネ教育 フレネきょういく pedagogie Freinet

2件 の用語解説(フレネ教育の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレネ教育
フレネきょういく
pedagogie Freinet

フランスの教育学者 C.フレネによって 1930年代に始められた公立学校の改革運動。学校主導型の伝統的な教育を批判し,(1) 生徒自身で学校運営を組織する学校協同組合,(2) 組合の決定した学校活動に基づき個々の子供が自主的に学習計画を立てる自主カリキュラム,(3) 子供の作文を教科書とする自由テキスト,(4) 用意された学習素材を自由に選んで学習する個別化学習,(5) 子供の自由な活動を保障することによって得られる自由な規律,などによって,学習活動だけでなく,学校生活全般を子供の興味・関心をもとに組織することを目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フレネ‐きょういく〔‐ケウイク〕【フレネ教育】

フランスの教師セレスタン=フレネが提唱・実践した教育。フレネが1935年に南フランスに開いたフレネ学校を中心に広まった。異年齢の子供を同一クラスで学ばせ、自由作文と学内印刷による自己表現を重視する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレネ教育の関連キーワードアラゴ大瀬甚太郎フレンチモイマン平塚益徳実験教育学フレネル回折バレジンフレネル‐ホイヘンスの原理ブラク・フランセ・ピレネー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フレネ教育の関連情報