コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作文 サクブン

デジタル大辞泉の解説

さく‐ぶん【作文】

[名](スル)
文章を書くこと。また、その文章。
小・中学校などで、国語教育の一環として、児童・生徒が文章を書くこと。また、その文章。綴(つづ)り方。
形式的には整っていても、内容のとぼしい文章。または、事実をありのまま書かず、内容を書き換えた文章。「お役所の作文のような報告書」「陳述書を作文する」

さく‐もん【作文】

漢詩を作ること。
「学生(がくしゃう)どもを集めて、―してゐたりけるに」〈今昔・二八・二九〉
文章を作ること。さくぶん。
「―に名を得し難波の西鶴も、五十二にて一期を終り」〈鶉衣・嘆老辞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくぶん【作文】

( 名 ) スル
文章を作ること。また、その文章。
国語教育の一分野。第二次大戦前の小学校では綴つづり方と呼ばれた。
文章の上でまとめてあるだけで、実質の伴わないこと。 「机上の-にすぎない」 → さくもん

さくもん【作文】

漢詩文をつくること。 「 -のふね、管絃の舟、和歌のふねとわかたせ給て/大鏡 師尹
文章をつくること。さくぶん。 「 -に名を得し難波の西鶴も/鶉衣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作文の関連情報