作文(読み)さくぶん

精選版 日本国語大辞典「作文」の解説

さく‐ぶん【作文】

〘名〙
章をること。また、作った文章。
※文明本節用集(室町中)「作文 サクブン」 〔陸機‐文賦〕
② 国語科教育の一分野で、児童生徒が文章を作ること。綴り方
※郊外(1900)〈国木田独歩〉二「生徒の清書を点検したり、作文を観たり、出席簿を調べたり」
③ 比喩的に、文章として一応まとまってはいるが、内容、実質の伴わないもの。
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉五「いたずらに高い理想をかかげただけで、実際は『作文』に終る恐れがきわめて大きい」

さく‐もん【作文】

〘名〙
① 漢詩を作ること。詩作。
※九暦‐九暦抄・天暦三年(949)二月一一日「院花宴事、有音楽、作文等、御参事」
※徒然草(1331頃)一「ありたき事は、まことしき文の道、作文、和歌、管絃の道」
② 一般に、文章を作ること。さくぶん。
※俳諧・鶉衣(1727‐79)後「作文(サクモン)に名を得し難波の西鶴も五十二にて一期を終り」

つくり‐ぶみ【作文】

〘名〙 内容をいつわって書いた手紙。また、人の名をかたって書いた手紙。にせの手紙。
※玉塵抄(1563)二七「後に詔があったやらつくりふみをしたやら詔書ありめしださるると云て人間へでて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「作文」の解説

さく‐ぶん【作文】

[名](スル)
文章を書くこと。また、その文章。
小・中学校などで、国語教育の一環として、児童・生徒が文章を書くこと。また、その文章。つづり方。
形式的には整っていても、内容のとぼしい文章。または、事実をありのまま書かず、内容を書き換えた文章。「お役所の作文のような報告書」「陳述書を作文する」
[類語]詩作作詞作歌句作劇作

さく‐もん【作文】

漢詩を作ること。
学生がくしゃうどもを集めて、―してゐたりけるに」〈今昔・二八・二九〉
文章を作ること。さくぶん。
「―に名を得し難波の西鶴も、五十二にて一期を終り」〈鶉衣・嘆老辞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android