コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロントエンドプロセッサ front-end processor; FEP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロントエンドプロセッサ
front-end processor; FEP

広義には,汎用 (はんよう) コンピュータシステムにおいて,本体の前に置かれて機能の一部を分担するソフトウエアハードウエアをいう。一般に,通信処理機能を分担するハードの場合は,多数の通信回線とのやりとりを並列に細かい単位で制御する機能を,本体から切り離すことによって,本体の負荷を軽くできる。ミニコンピュータクラスのハードウエアが用いられる。狭義には,日本語入力のかな漢字変換などのように,オペレーティングシステムにデータを渡す前に処理するソフトウエアをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フロントエンドプロセッサの関連キーワード日本語入力システムA/DコンバータFEP

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android