フロントエンドプロセッサ(英語表記)front-end processor; FEP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロントエンドプロセッサ
front-end processor; FEP

広義には,汎用 (はんよう) コンピュータシステムにおいて,本体の前に置かれて機能の一部を分担するソフトウエアハードウエアをいう。一般に,通信処理機能を分担するハードの場合は,多数の通信回線とのやりとりを並列に細かい単位で制御する機能を,本体から切り離すことによって,本体の負荷を軽くできる。ミニコンピュータクラスのハードウエアが用いられる。狭義には,日本語入力のかな漢字変換などのように,オペレーティングシステムにデータを渡す前に処理するソフトウエアをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android