コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロントタッキング front tacking

1件 の用語解説(フロントタッキングの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

フロントタッキング

キャノピーがパイロットよりも円軌道を描くように前に先行する。一般的にフロントダイブと同じ現象でフロントから落ちていくような有様をフロントダイブとよび、円軌道を描き前にくい込んでいく有様をフロントタッキングとよんでいる。フロントタッキングが起こると翼の前縁付近の風圧分布が後縁に急激に移動する。つまり、上に引っ張りキャノピーを開こうとする前縁付近の力が減り、非常に潰れやすくなる。大きなフロントタッキングでは前縁がマイナスの力となる為、内側へ巻き込む様に潰れを起こす。この潰れをフロントコラップスとよび、その過程の現象をフロントタッキングと言う。フロントコラップス・フロントダイブ・フロントタッキングなどはその状況を説明する際に、あまり厳格に考えないでニュアンスの違いくらいで使いわけても問題ない。関連用語 潰れ 参照

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フロントタッキングの関連キーワードパイロットキャノピージャイロパイロットパイロットシャツダイパーウイングオーバーかぶるキャノピーリラティブワークグライドパイロットシュート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone