フールプルーフ(読み)ふーるぷるーふ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フールプルーフ

設計において、操作ミスなどによる障害を防止しようとする考え方利用者が安全にシステムを利用できるように設計する。たとえば、洗濯機の設計で、安全のためにふたを閉めてからでないと動作しないようにすることなどがあげられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フール‐プルーフ(fool proof)

《「愚者向け試験」の意》工学分野における設計手法の一。使用者が操作を誤ることを前提として、あらかじめ重大な事故や問題が生じないように設計段階で対策を施すこと。また、知識がなくても誰でも簡単に操作できるようにすること。フールセーフティー
[補説]洗濯機のモーターが高速回転している最中に誤って蓋を開けても、自動的に回転が停止する機能などの例が挙げられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フールプルーフ【foolproof】

コンピューターなどのシステムについて、人間が誤って操作した際にも致命的な障害が起こらないようにすること。また、それを実現するための設計(思想)のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

フールプルーフ

使用者の誤った操作による障害の発生を防いで安全を確保しようとする工業製品の設計思想。あるいは、そもそも使い方を間違えようがない仕様にするなど、使用者に配慮して工業製品を設計することを指す。例えば、ふたを閉めてからでないと回転しないように設計されている洗濯機や、キャップをボトルと一体化させることで乳幼児が飲み込んだり、キャップの紛失を防止したりするボトルキャップなどがこれに該当する。

(2018-9-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内のフールプルーフの言及

【安全性】より

…たとえば航空機の油圧発生ポンプが故障しても,油圧レサーバー中に蓄えられた高圧油により脚出し操作が可能であるうえ,他の故障のため油圧操作系統全体が作動しなくても,手動の別系統により脚出しができるように配慮されているのはこの例である。
[フールプルーフfool proof]
 人為的に不適切な行為や過失などが起こっても安全性が保たれるように配慮すること。たとえば航空機では通常操縦者が脚出し不完全に気付かずに着陸しようとしてエンジンの出力を低下させるとブザーが鳴り,操縦者に注意を与える。…

※「フールプルーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android