コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブイチェグダ川 ブイチェグダがわreka Vychegda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブイチェグダ川
ブイチェグダがわ
reka Vychegda

ロシア北西部,コミ共和国アルハンゲリスク州を流れる川。北ドビナ川の右岸支流。全長 1130km。流域面積 12万 1000km2。チマン丘陵南部に源を発し,ほぼ西流してコトラスで北ドビナ川に合流する。 11月下旬~5月初旬は結氷。下流部は乱流し,湿原や三日月湖などをつくるが,最上流部の早瀬や峡谷部を除き,ボリジノまでの 959kmが航行可能。木材流送にも利用される。沿岸主要都市はスイクトゥイフカル,ソリブイチェゴツク。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブイチェグダ川の関連キーワードコミ(ロシアの地名)シクティフカルコミ(民族)コリャジマコミ族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android