コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブシャーリー Bsharrī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブシャーリー
Bsharrī

レバノン北部,レバノン山脈西側山腹,標高 1400mにある町。かつてはレバノンスギが豊かに茂った森林地帯の西側にあり,町の東方 3kmに残存するレバノンスギの森の入口ともなり,冬季スキー場のある庶民的な観光地。フェニキア時代から定住民があり,現在ではアラブ系キリスト教徒の町として,また近代レバノンの作家 Kh.ジブラーンの墳墓と記念館があることでも知られる。人口約 4000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブシャーリーの関連キーワードジブラーン・ハリール・ジブラーンサウダ山

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android