コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブダ城(読み)ブダジョウ

デジタル大辞泉の解説

ブダ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ブダ城】

Budai Vár》ハンガリーの首都ブダペストにある城。13世紀半ば、ハンガリー王ベーラ4世が居城を築き、14世紀にラヨシュ1世によりゴシック様式の王宮が建造された。17世紀から18世紀にかけて、ハプスブルク家支配の下で増改築され、バロック様式が加わった。19世半ばの大火災と第一次・第二次大戦で大きな被害を受けたが、1950年代に修復。ハンガリー国立美術館、プダペスト歴史博物館、軍事歴史博物館などがある。1987年「ブダペスト、ドナウ河岸とブダ城」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録。2002年に「ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」として拡張登録された。ブダ王宮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android