コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウアー

世界大百科事典 第2版の解説

ブラウアー【Dirk Brouwer】

1902‐66
アメリカの天文学者。オランダの生れ。ライデン大学でデ・シッテルの指導を受け1927年学位を得る。次いで1年の奨学金を得てアメリカに渡った。28年にイェール大学を訪れたのを機に同天文台長F.シュレジンジャーの勧めで講師となり,41年には教授となってシュレジンジャーの後を継いだ。ブラウアーの業績は天体力学の広い分野にわたり,外惑星の運動,近接衛星の運動,小惑星の族と空隙,地球の自転運動,人工衛星の運動,大型計算機の天体力学への応用,天文定数系などがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブラウアーの言及

【小惑星】より

…このような起源の同じ小惑星の集りを族と呼んでいる。 族という概念を発見したのは日本の平山清次で,最初は族の数も五つ(テミス族,エオス族,コロニス族,マリア族,フローラ族)で,これに属する小惑星の数も少なかったが,最近ブラウアーD.Brouwerらがコンピューターを用いて研究した結果,さらに24の族が発見された。 小惑星を軌道の半長径の順に並べると,火星と木星の軌道の間の空間を一様に満たしているのではなく,あるところに集団を作って集まり,またあるところには空隙(くうげき)を作るという傾向がある。…

※「ブラウアー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報