ブラゴエフ(英語表記)Dimitǎr Blagoev

世界大百科事典 第2版の解説

ブラゴエフ【Dimitǎr Blagoev】

1856‐1924
ブルガリアの政治家。貧農の家の生れ。オデッサの職業学校卒業後,1881年ペテルブルグで社会主義思想に触れ,83年ロシアの初期社会主義グループの一つを組織した。85年逮捕され母国に送還されたが,生涯マルクス主義の普及に努め,ブルガリア社会民主党(1891),同党左派のチェスニャキ派(1903),ブルガリア共産党(1919)の結成に指導的役割を果たした。ブルガリア社会主義の父と呼ばれている。【萩原 直】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ブラゴエフ

生年月日:1856年6月14日
ブルガリアの思想家
1924年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のブラゴエフの言及

【ブルガリア】より

…19世紀末から20世紀初頭にかけて,文学にさまざまな傾向が現れてきた。個人主義を標榜しつつも《血まみれの歌》(1911‐13)を書いたスラベイコフPenčo Petkov Slavejkov(1866‐1912),フランス近代詩の影響を受けた象徴派詩人ヤボロフやデベリャノフDimčo Velev Debeljanov(1887‐1916)らに対し,ブラゴエフを理論的指導者とするプロレタリア文学も興ってきた。しかし,カラベロフやバゾフらのリアリズムの伝統は《小さなソドム》(1920)のスタマトフGeorgi Porfiriev Stamatov(1869‐1942),ストラシミロフAnton Todorov Strašimirov(1872‐1937),とくに農村を描いた短編で有名なエリン・ペリンヨフコフらによって受け継がれた。…

※「ブラゴエフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android