ブラゴベシチェンスキー大聖堂(読み)ブラゴベシチェンスキーダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

ブラゴベシチェンスキー‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ブラゴベシチェンスキー大聖堂】

Blagoveshchenskiy soborБлаговещенский собор
ロシア連邦の首都モスクワの中心部、クレムリンにあるロシア正教会の大聖堂。15世紀末、イワン3世が自身と家族の礼拝所として古都プスコフの職人により建造。イタリア人建築家が手掛けたクレムリンの他の大聖堂に比べ、最もロシア的要素が強い教会建築として知られる。フェオファン=グレッグ(ギリシャテオファネス)、アンドレイ=ルブリョフらのイコノスタシス(教会内陣の障壁)が残っている。ブラゴベシチェンスキー寺院
ロシア連邦、タタールスタン共和国の首都カザンクレムリンカザンクレムリン)にあるロシア正教会の大聖堂。16世紀半ばに建造。1930年代に旧ソ連政府によって破壊されたが、連邦崩壊後に再建。2000年に「カザンクレムリンの歴史的建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android