ブラスタギ(英語表記)Berastagi

世界大百科事典 第2版の解説

ブラスタギ【Berastagi】

インドネシア,スマトラ島北部,トバ湖北方の保養地。シナブン火山(2451m)東麓のカロ高原の標高1600mに位置し,赤道に近い(北緯3゜)にもかかわらず年平均気温20℃と冷涼な気候である。1912年,北方のメダン在住のオランダ人のためのジャガイモ栽培が成功してから,メダンの避暑地として急激な発展を遂げた。今ではトバ湖畔のプラパットとともに全スマトラの休養地ともなっている。国道も整備され,交通も便利である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブラスタギの言及

【トバ[湖]】より

…しかし20世紀に入ってから,バタク族の文化的発展と,高原の快適な気候,さらに美しい自然景観のため,北部スマトラ有数の休養地,観光地となった。プラパットやブラスタギはその中心として著名。メダン方面からの交通も便利になった。…

※「ブラスタギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android