コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラスタギ ブラスタギ Berastagi

2件 の用語解説(ブラスタギの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブラスタギ(Berastagi)

インドネシア、スマトラ島北部の町。メダンの南約70キロメートル、カロ高原に位置する。オランダ統治時代より避暑地として知られ、コロニアル様式の街並みが残っている。カロバタック人が多く居住する。温泉があるシバヤク山トバ湖への観光拠点。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブラスタギ【Berastagi】

インドネシア,スマトラ島北部,トバ湖北方の保養地。シナブン火山(2451m)東麓のカロ高原の標高1600mに位置し,赤道に近い(北緯3゜)にもかかわらず年平均気温20℃と冷涼な気候である。1912年,北方のメダン在住のオランダ人のためのジャガイモ栽培が成功してから,メダンの避暑地として急激な発展を遂げた。今ではトバ湖畔のプラパットとともに全スマトラの休養地ともなっている。国道も整備され,交通も便利である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のブラスタギの言及

【トバ[湖]】より

…しかし20世紀に入ってから,バタク族の文化的発展と,高原の快適な気候,さらに美しい自然景観のため,北部スマトラ有数の休養地,観光地となった。プラパットやブラスタギはその中心として著名。メダン方面からの交通も便利になった。…

※「ブラスタギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラスタギの関連キーワードインドネシア語派トバ湖スマトラ沖地震スマトラタイガーインドネシアの恋唄グランドモスクシアヌック峡谷トバ[湖]スマトラ沖大地震・津波バタク族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラスタギの関連情報