コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラーク ブラーク Braak, Menno ter

1件 の用語解説(ブラークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラーク
ブラーク
Braak, Menno ter

[生]1902.1.26. ヘルデルラント,アイベルケン
[没]1940.5.14. ハーグ
オランダの評論家,小説家。教師を経て 1932年 E.ペロンとともに文芸誌『フォールム』 Forumを創刊,1880年代以降の耽美主義的傾向に反対した。ナチス・ドイツのオランダ侵攻直後に自殺。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブラークの言及

【ミーラージュ】より

…コーランは神を天国に至る〈はしごの主〉であると述べ(70:3)ており,またムハンマドを連れて聖なる礼拝堂al‐masjid al‐ḥarāmから遠隔の礼拝堂al‐masjid al‐aqṣāまで夜の旅(イスラーisrā’)をしたと記している(17:1)。聖なる礼拝堂とはメッカのカーバを指し,遠隔の礼拝堂とは天国を意味したが,後世のハディース(伝承)は遠隔の礼拝堂をエルサレムの神殿に比定し,ムハンマドは天使ガブリエルに連れられて,翼のある天馬(ブラークBurāq)に乗り,エルサレムに旅してそこから光のはしごを登って昇天し,神の御座にひれ伏したと伝えている。ムハンマドの昇天が単なる夢か,現実のできごとかはムスリムの間でも早くから意見が分かれていたが,ミーラージュの観念はファナー(自我意識の消滅)に至る霊魂高揚の階梯のシンボルとして,後のイスラム神秘主義思想に影響を及ぼした。…

※「ブラーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラークの関連キーワードネーデルラント戦争生へるネーデルランド楽派ネーデルラント室内管弦楽団ネーデルラントの諺ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団ヘルラウンヘルデルラントランブール兄弟ヘルデルラント種 (Gelderland, Gelderlander)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone