ブラーフーイー族(読み)ブラーフーイーぞく(英語表記)Brāhūī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラーフーイー族
ブラーフーイーぞく
Brāhūī

パキスタン南西部,中央バルチスターンに居住するインド=アフガン系の民族。言語はブラーフーイー語を用いる。人口約 80万以上と推定される。伝統的な生業遊牧で,ヤギ放牧を中心として移動生活を営み,ヤギの毛で編んだテントに居住し,羊毛や皮革でつくった衣服を着用する。古くヒンドゥー教からイスラム教のスンニー派に改宗したが,カースト制度の影響から,世襲身分的職業差別が残存している。 15世紀にはカラト王に忠誠を尽し,に囲まれた村落共同体を単位として同盟を結んでいた。伝統的な社会は父系原理によって組織され,8つの氏族に分れていた。バローチー族と同様,ミヤ・ハンザという伝説上の王を始祖とし,この王の子孫から形成される王の氏族を中心に,バルチ,パサン,ペルシャンなどの氏族が従属していたが,15世紀末にはこの位階はくずれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android