コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリセイス Briseis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリセイス
Briseis

ギリシア神話の女性。本名をヒッポダメイアといったが,ブリセスの娘であったのでこう呼ばれた。ミュネスという男の妻になっていたが,父が祭司をしていたリュルネッソス市が,トロイ戦争の間にギリシア軍に攻略されたとき,アキレウスに夫を殺され,その奴隷となった。アキレウスの寵愛していた彼女を,アガメムノンが奪い取ろうとしたことからアキレウスは戦闘から手を引き,ギリシア軍は苦境に陥ることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブリセイスの関連キーワードクリュセイスイリアス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android