コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニック諸語 ブリタニックしょご

世界大百科事典 第2版の解説

ブリタニックしょご【ブリタニック諸語 Brittonic】

ローマ人のブリテン島征服(43‐410ころ)に先立ち,この島に移り住んでいたケルト人の使用した言語で,ブリトニック諸語,またブリソニック諸語Brythonicともいわれる。この言語ではインド・ヨーロッパ(印欧)共通基語におけるkWの音がpであらわれていた(例えばゲーリック語equos〈馬〉に対するブリタニック語eposのごとく)。この意味でブリタニック語はゴール語とともにいわゆるp‐群のケルト語に属する(ケルト語派)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブリタニック諸語の言及

【ブルトン語】より

…ケルト語派のうちのブリタニック諸語の一つ。5~6世紀にかけてブリテン島南西部から対岸のブリタニー(ブルターニュ)に渡ったケルト人がもたらしたもので,現在も同地で行われるが,話者の大部分はフランス語との二重言語使用者である。…

※「ブリタニック諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニック諸語の関連キーワードコーンウォール(イギリス)インド・ヨーロッパ語族ゴール語

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android