コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリューヌ Jean Brunhes

世界大百科事典 第2版の解説

ブリューヌ【Jean Brunhes】

1869‐1930
フランスの地理学者。エコール・ノルマル・シュペリウールでビダル・ド・ラ・ブラーシュに学び,その立場を発展させた。雄弁で社交的で,晩年は銀行家になるなど異色の存在である。初めは地形学や地質学関心が深く,研究態度は自然科学的であった。フリブール大学自然地理学教授(1896)を経てコレージュ・ド・フランスの教授(1912)に招かれる前後から社会的現実への関心が深まる。学位論文《地中海諸国の灌漑研究》(1902)は法的な側面をもとらえ,《人文地理学》(1910)は具体的な人間活動の分類を試みる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリューヌの関連キーワードビダル・ド・ラ・ブラーシュコレージュ・ド・フランス10月25日

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android