コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリューヌ Jean Brunhes

1件 の用語解説(ブリューヌの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブリューヌ【Jean Brunhes】

1869‐1930
フランス地理学者エコールノルマル・シュペリウールでビダル・ド・ラ・ブラーシュに学び,その立場を発展させた。雄弁で社交的で,晩年は銀行家になるなど異色の存在である。初めは地形学や地質学に関心が深く,研究態度は自然科学的であった。フリブール大学自然地理学教授(1896)を経てコレージュ・ド・フランスの教授(1912)に招かれる前後から社会的現実への関心が深まる。学位論文地中海諸国の灌漑研究》(1902)は法的な側面をもとらえ,《人文地理学》(1910)は具体的な人間活動の分類を試みる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリューヌの関連キーワード田中阿歌麿カバニス自然地理学ジャネジリエロン生物地理学地理学メルカトルフランスの地域語谷岡武雄

ブリューヌの関連情報