コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュールのテラス ブリュールのテラス

1件 の用語解説(ブリュールのテラスの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブリュールのテラス【ブリュールのテラス】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の南180kmにある都市ドレスデン(Dresden)のツヴィンガー宮殿の北、エルベ川の南岸に沿った城壁跡につくられた約1kmの遊歩道アウグストゥス橋とカローラ橋の間にある。ここには16世紀につくられた城塞があったが、ザクセン選帝侯からその一部を譲り受けた首相のブリュール男爵が、1740年に庭園の改造に着手し、バロックの庭園や宮殿、ギャラリーベルベデーレ宮を建築していった。その後、1814年にはこのエリアが市民に開放された。◇「ブリュールのテラス」と呼ばれるのには、こうした由来がある。ここを訪れたゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749~1832年)は、その景観や配置された彫刻のすばらしさから「ヨーロッパ随一のバルコニー」と賞賛したといわれる。その後、19世紀末に大規模な改築工事が行われ、旧議事堂、セクンドゲニチュア、芸術アカデミーやアルベルティヌムが並ぶ今日の景観が形成された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリュールのテラスの関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ウンターデンリンデン通りベルリン大聖堂ベルリン・ゲームベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone