コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリンダーバン Vrindāvan

世界大百科事典 第2版の解説

ブリンダーバン【Vrindāvan】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州西端にあるヒンドゥー教の聖地。首都デリーの南約130kmの国道3号線に沿い,ヤムナー(ジャムナー)川の右岸に位置する。人口3万7000(1981)。ヒンドゥー教の三大神のうち,守護神ビシュヌの第8番目の化身とされるクリシュナ神がこの地に現れ,数々の徳を施したとされる説話で有名である。町には数えきれないほど多くの大小の寺院が建立されている。なかでも最大の寺院は,ゴビンド・デオで,16世紀末にアクバル帝がヒンドゥー教の栄光を祈って建立したとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリンダーバンの関連キーワードマヘーンドラ・プラタプスールダースニンバールカビシュヌ派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android