ブルガール(英語表記)Bolgary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガール
Bolgary

7~14世紀にボルガ川カマ川の合流地点に存在したブルガール人国家の首都。今日のロシア西部タタルスタン共和国の首都カザンの南約 100km,サマーラのボルガ河畔,ボルガル村近くにある。5世紀頃からブルガール人が移住し始め,13世紀後半にはキプチャク・ハン国の重要な貿易,工業中心地であったが 1361年に滅ぼされた。992年にアラビアの歴史家イブン・ファドラーンが訪れ,旅行記を書いた。1870年に発掘されたことがあるが,近年では 1950~57年に発掘が行なわれた。寺院,廟,浴場など 13~14世紀の歴史的建造物が残り,2014年,世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android