コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルガール ブルガールBolgary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガール
Bolgary

7~14世紀にボルガ川カマ川の合流地点に存在したブルガール人国家の首都。今日のロシア西部タタルスタン共和国の首都カザンの南約 100km,サマーラのボルガ河畔,ボルガル村近くにある。5世紀頃からブルガール人が移住し始め,13世紀後半にはキプチャク・ハン国の重要な貿易,工業中心地であったが 1361年に滅ぼされた。992年にアラビアの歴史家イブン・ファドラーンが訪れ,旅行記を書いた。1870年に発掘されたことがあるが,近年では 1950~57年に発掘が行なわれた。寺院,廟,浴場など 13~14世紀の歴史的建造物が残り,2014年,世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブルガールの関連キーワードブルガールの歴史的考古学的遺産群イブン・ファドラーンコンスタンチヌス4世ニジニー・ノブゴロドキプチャク・ハーン国ユスチニアヌス1世ボリス1世ミハイルカザン・ハーン国バルカン諸国史ブルガリア帝国ジョチ(朮赤)ボリス(1世)スビャトスラフルーマニア史ベッサラビアウドムルト族バリャーグ人ウラジーミルブルガリア史マジャール族

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android