コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルコリーニェツ Vlkolinec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルコリーニェツ
Vlkolinec

スロバキア中部,ニスケタトリ (低タトリ) 山地にある村。「オオカミをしとめる猟師たちの村」の意で,中央ヨーロッパ山岳地帯特有の木造家屋 45戸が中世のままの姿で残っている。その典型は,石を積み上げた土台の上に丸太造の部屋 (通常は三つ) を築き,急勾配切妻屋根を載せ柿 (こけら) ぶきにする。さらに石の土台には茶色,木の壁には土を塗ったあとに漆喰で白く仕上げ,窓の縁を薄い青色か黄土色に塗るというものである。 1770年建造の鐘楼や 1875年建造の聖母聖堂も残っているが,過疎化が急速に進んでいるうえ,建物の維持・修理の費用がかさむため,将来に向けての保存に懸念がもたれている。 1993年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android