コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルザホム遺跡 ブルザホムいせきBurzahom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルザホム遺跡
ブルザホムいせき
Burzahom

インド,カシミールスリナガルの北北東 24kmにある先史遺跡。古くより知られたが 1959年以降に T.N.カザンチらにより調査された。第I期は竪穴住居に住み,磨製石斧骨器,網代底の粗製土器を伴う。 II期には銅鏃などが現れ,建物には泥煉瓦を用いる。土器は黒色磨研のものとなり,多数の骨器 (錐,鏃,銛など) や狩猟の様子を刻んだ板石も発見された。埋葬人骨には犬などを伴うものがあり赤色顔料を多用している。 III期は巨石遺構があり一部を開けたストーンサークルが発見されている。土器は轆轤 (ろくろ) 製の赤色のものである。 II・III期には動物 (犬など) の墓が発見されている。 IV期は歴史時代である。インドの中心部との関係については必ずしも明白ではなく,文化的,地理的に特異な位置を占める。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android