コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鏃 どうぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銅鏃
どうぞく

青銅製の (やじり) 。中国では代からあり,代まで引続いて使用された。日本では弥生時代に両翼形のものが使用されていたがこれは 仿製である。大陸渡来の三角鏃もまれに出土する。古墳時代になると,柳葉形,定角形,鑿頭形などのさまざまな形態のものが現れたが,ほとんど前半期で使用を終っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

銅鏃【どうぞく】

矢の先端に付けて用いる青銅製の小型利器。中国では(いん)代初頭にすでに存在し,代まで使用された。逆刺のある有茎鏃は殷,西)に多く,東周,漢になると三角鏃が一般化した。
→関連項目沙井遺跡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうぞく【銅鏃】

青銅製の鏃やじり。日本では、弥生時代から古墳時代にかけてみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銅鏃
どうぞく

銅製の鏃(やじり)。弥生(やよい)時代から古墳時代前期にかけて使われた。柄(え)に取り付けるための茎(なかご)をもつものと、もたないものがあるが、前者のほうが数が多い。中国では殷(いん)代から漢代にかけて使われ、弥生時代の遺跡からも中国製の銅鏃が少数発見されている。銅鏃が国内で鋳造されるようになるのは弥生時代中期以後と考えられるが、その形態は日本独自のもので、バラエティーに富んでいる。古墳時代の4世紀には盛んに使われ、古墳にも副葬されるが、5世紀に入ると減少する。弥生時代の銅鏃は実用品であったが、古墳時代に鉄鏃が普及するとともに大形化する傾向も出て、儀礼的なものに変化していったと考えられる。[望月幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

銅鏃の関連キーワード銚子塚古墳〈静岡県〉大塚山古墳〈福島県〉函石浜遺物包含地タギスケン古墓群桜井茶臼山古墳佐味田宝塚古墳椿井大塚山古墳真土大塚山古墳会津大塚山古墳石清尾山古墳群ブルザホム遺跡方保田東原遺跡加良香美遺跡三津永田遺跡カラカミ遺跡花光寺山古墳津堂城山古墳函石浜遺跡松林山古墳月の輪古墳

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android