コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤色顔料 せきしょくがんりょうred pigment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤色顔料
せきしょくがんりょう
red pigment

塗料,絵具染料に使われる赤色の顔料。昔はあかねの根などからとったが,現在ではほとんどが合成されている。無機物では,純赤色のカドミウムレッドが絵具,釉 (うわぐすり) に使われるが高価である。橙色や褐色が混じるが,鉛丹べんがら (酸化第二鉄) が安価であるので広く塗料として用いられる。このほか,コバルトピンク,クロムスズ赤などが用いられるが,近年はむしろ鮮かな有機顔料がビニル用品などに使われる。キナクリドンレッドなどは堅牢度はきわめてよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の赤色顔料の言及

【顔料】より

…高級塗料およびプラスチックの着色に用いられる。
[赤色顔料]
 べんがら(酸化鉄赤),カドミウムレッド,モリブデンオレンジなどが代表的である。べんがらは耐光性,耐候性,耐薬品性,隠ぺい力,着色力が優れ,主として塗料に用いられる。…

※「赤色顔料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤色顔料の関連キーワードインディアン・レッドドルニ・ベストニツェ亀ヶ岡石器時代遺跡ベネチアン・レッドカドミウム・レッドオクサイドレッドレッド・オーカー石貫ナギノ横穴群コステンキ遺跡ブルザホム遺跡テラ・ローザ酸化鉄系顔料ジョイトゥン神原神社古墳アジール文化安倍小殿小鎌石臼(生活)キナクリドン山畑横穴群石神山古墳

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤色顔料の関連情報