コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルダハ Konrad Burdach

1件 の用語解説(ブルダハの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブルダハ【Konrad Burdach】

1859‐1936
ドイツドイツ語・ドイツ文学者。ケーニヒスベルク(現,ロシア連邦カリーニングラード)生れ。言語・文学の精神史的研究を提唱,中世抒情詩ワルターフォン・デル・フォーゲルワイデからゲーテに至る多彩なテーマを取り上げたが,とくに中世後期とルネサンスの文化的関連の究明に尽力した。《中世から宗教改革へ》11巻(1893‐1937)を編集し,共同研究の成果を刊行したが,テープルのヨハネス作《ボヘミアの農夫》を再発掘した功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブルダハの関連キーワード数学基礎論光の科学史沢村源之助ジョージ人民戦線トヨダAA型浪華悲歌日本映画シーボルト難波抱節

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone