コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルダハ Konrad Burdach

世界大百科事典 第2版の解説

ブルダハ【Konrad Burdach】

1859‐1936
ドイツのドイツ語・ドイツ文学者。ケーニヒスベルク(現,ロシア連邦のカリーニングラード)生れ。言語・文学の精神史的研究を提唱,中世抒情詩人ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデからゲーテに至る多彩なテーマを取り上げたが,とくに中世後期とルネサンスの文化的関連の究明に尽力した。《中世から宗教改革へ》11巻(1893‐1937)を編集し,共同研究の成果を刊行したが,テープルのヨハネス作《ボヘミアの農夫》を再発掘した功績は大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブルダハの関連キーワードガーマアブルダハブ