コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルダハ Konrad Burdach

1件 の用語解説(ブルダハの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブルダハ【Konrad Burdach】

1859‐1936
ドイツドイツ語・ドイツ文学者。ケーニヒスベルク(現,ロシア連邦カリーニングラード)生れ。言語・文学の精神史的研究を提唱,中世抒情詩ワルターフォン・デル・フォーゲルワイデからゲーテに至る多彩なテーマを取り上げたが,とくに中世後期とルネサンスの文化的関連の究明に尽力した。《中世から宗教改革へ》11巻(1893‐1937)を編集し,共同研究の成果を刊行したが,テープルのヨハネス作《ボヘミアの農夫》を再発掘した功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブルダハの関連キーワード大ドイツ主義ドイツ語西ドイツ東ドイツドイツ鯉統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツ・レクイエムドイ語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone