ブルトノー(読み)ぶるとのー(英語表記)Pierre Bretonneau

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルトノー
ぶるとのー
Pierre Bretonneau
(1778―1862)

フランスの医学者。サン・ジョルジュ・シュル・シェール生まれ。パリのエコール・ド・サンテで医学を学び(1795~1801)、公衆衛生官を務め、1815年トゥール病院長となった。多くの病理解剖を行って腸チフスの症状を特定し(1819)、また発疹(はっしん)チフスを腸チフスから識別した。1825年には、自ら発明した気管カニューレを使ってクループ症患者の気管切開手術を初めて行った。

[藤野恒三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android