コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーチップ ぶるーちっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブルーチップ

アメリカで「優良株」のことをいう。収益性、成長性に優れているだけではなく、財務的基盤も盤石とした企業を指す。語源は、カジノポーカーで最高額のチップが青色だったからとのや、あるいは牛の品評会で優良の査定を受けた牛が、青い布片を付けられたからなどの説がある。日本でも超優良株のことをブルーチップと呼ぶ。また、このブルーチップをまねて、中国の政府機関や地方政府などの傘下にある香港企業のことを「レッドチップ」と呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

ブルーチップ

収益性、成長性、財務安定性などを兼ね備えた優良企業の株式。米国の株式市場で使われる呼称だが、日本を含め他の市場でも優良企業の株式をブルーチップと呼ぶことがある。ダウ工業株30種平均などに採用されているなどの条件があるわけではなく、あくまで優良で客観的に高い評価を得ている一部の銘柄に限られる。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブルー‐チップ(blue chip)

優良株。収益力があり、財務内容も良好な会社の株式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

会計用語キーワード辞典の解説

ブルーチップ

もともとアメリカの株式市場で使われていた言葉で、優良企業のことをさします。ポーカーで最高額のチップが青色だったことから、株式市場で最高に価値のある株のことをブルーチップと呼ぶようになったという説が有力です。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブルーチップ【blue chip】

(もとはニューヨーク証券取引所で)優良株のこと。 → 優良株

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブルーチップの関連キーワードESPフォーキャスト調査ニューヨーク証券取引所CLUB BCカードチップちゃんモルガン財閥スタンプ商法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android