ブルーライト(英語表記)blue light

翻訳|blue light

デジタル大辞泉の解説

ブルー‐ライト(blue light)

パソコンやスマートホンなどの液晶画面から発せられる青い光。波長が短く、可視光線の中でもエネルギーが最も大きい光であり、目の疲れや精神的疲労の原因となる。また、太陽光にも同様の波長の光が含まれるため、夜間や就寝前に長時間見続けることにより、生物時計のリズムが乱され、睡眠障害などを引き起こすと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブルーライト

波長が380~495ナノメートルの青い光のこと。可視光(約400~800ナノメートル)のうちもっとも紫外線に近い領域の光で、波長が短くエネルギーが高い。近年普及しているLED照明や、パソコン、テレビ、スマートフォンのバックライトなどに多く含まれている。太陽光にも含まれる。

(2018-11-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーライトの関連情報