コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物時計 せいぶつとけいbiological clock

翻訳|biological clock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生物時計
せいぶつとけい
biological clock

体内時計ともいう。生物体内に存在の想定される周期性発現機構の総称。周期性には,酸化還元補酵素の秒・分単位での還元度の周期変化,心臓の拍動,脳波など短いものから,鳥や魚の渡りや回遊とか植物の開花などのように季節単位のものまで,種類も周期も多様であるが,生物時計というとき意味することが最も多いのは,日周変化である。動植物を定常光下に保っても,動物での排出物質濃度などのように日周リズムを示すものが多いので,内在的な時計機構の存在が想定されるが,その本体はまだ明らかでない。この場合リズムは,正確に 24時間でなく,少しずつずれることがあり,多くは長周期側,すなわち時計が遅れる方向にずれるので,こうした内在リズムを概日リズム (サーカディアンリズム circadian rhythm) という。実際の生物の生活では,昼夜の明暗があってずれを補正する。ミツバチが巣内でのダンスの歩行角度で蜜の方向を仲間に示すとき,基準はその時刻での太陽の方角なので,こうした現象にも,また同様な意味で鳥の帰巣などにも,なんらかの時計機構の介在が考えられる。海の動物の交尾・産卵が月齢に合せて行われるとか,女性の月経周期とかは,長期の時計機構の例である。植物の花芽形成が日長に支配される,いわゆる日周性の現象も,時計機構と密接に関係している。生物時計に関する生物学者の関心は,1960年頃からことに高まってきて,日本でも 70年代に,時間生物学 chronobiologyの学会が発足するにいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

生物時計

生物が生理的周期を維持するために体内に備えている機構。昼夜の変化に対応したほぼ24時間の概日(サーカディアン)リズム、潮汐の変化に対応した月周リズム、四季の変化に対応した年周リズムといった様々な生命の活動のリズム(生物リズム)は、生物体内で時間の変化を測定する機構の存在を前提としており、これを生物時計と呼ぶ。生物時計は渡り鳥やミツバチが太陽の位置から方位を知るのにも不可欠である。近年、細胞の生活周期を支配する遺伝子として時計遺伝子が多くの生物で次々と発見されており、生物時計の本体はこれらの遺伝子による細胞制御にあると考えられている。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいぶつ‐どけい【生物時計】

生物の体内にそなわっていると考えられる時間測定機構。約1日周期のサーカディアンリズム光周性、鳥が渡りをするときに太陽によって方角を定めることなどから知られる。体内時計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

生物時計【せいぶつどけい】

体内時計とも。生物が自己の体内に持っている時間を測定する固有の機構。たとえば植物では,昼は葉を開き夜は閉じる就眠運動は24時間周期で起こり,実験室で温度を一定に保ち,恒常暗黒にしてもこのリズムは続く。
→関連項目光周性太陽コンパスバイオリズムメラトニン渡り

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

生物時計

 体内時計ともいう.生体リズムを起こす内在性機構.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶつどけい【生物時計 biological clock】

体内時計ともいわれる。生物の活動は1日を通じさまざまな変動を示す。動物では昼行性あるいは夜行性といわれるような明りょうな日周性が広く知られている(約24時間の周期性をもつので概日リズムと呼ばれる)。植物では葉の昼夜運動がもっとも古くから知られているが,サヤミドロの遊走子放散,ベニインゲンの花弁の開閉運動,ニセウズオビモの発光なども日周性を示す。このような日周性は昼夜変化のない暗室などの実験条件下でも持続するので,その原因は生物自身の体内にあると考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物時計
せいぶつとけい

生物の体内に備わった時計機構をいう。体内時計ともいう。広義には、冬眠動物などの約1年周期のリズムを発生する時計、潮間帯の生物の潮汐(ちょうせき)周期に同調した活動を支配する時計なども含まれるが、一般には概日(がいじつ)リズムを発生する約1日周期の時計をいう。生物の種々の活動にみられる時間的秩序は、これらの時計と環境との複雑な相互作用の結果と考えられる。生物時計は、環境の周期的変動に密接に結び付いている。したがって、生物は将来の環境の変化を生物時計によって予測し、それに備えて体内・体外の諸条件を整えることができる。たとえば、昼間洞穴中で休息するコウモリは、太陽を直接見なくても、生物時計を用いて日没の時刻を予測し、活動を開始する。このほかにも、生物時計は生物の活動のさまざまな局面に用いられている。たとえば、ミツバチなどは、生物時計を用いて1日の特定の時刻を学習できる。渡りをする動物は、太陽コンパスによって方位を知る際に、生物時計によって太陽の位置を補正している。また、昆虫の休眠は日長によって支配されているが、この日長の測定にも生物時計が重要な役割を果たしている。[佐藤 哲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生物時計の言及

【概日リズム】より

…概日リズムは外界の光周期に最もよく同調するが,その光周期がたとえば12時間とか36時間というように,24時間から極端にそれると同調できないこと,恒常条件下で見られる周期はある温度範囲内では高温でも低温でもあまり変わらないこと,また代謝阻害剤などの化学物質に対して比較的安定なことなどがあげられる。以上のことから,種々の生物に見られる概日リズムには共通のメカニズムがあり,それが生物時計に基づくものであると仮定されている。生物が概日リズムをもつことは,たとえば洞穴内のコウモリが洞穴内にいて日没時を予測したり,ショウジョウバエが朝の高温時に羽化するのを保証したりするというように,適応的意味の明確な場合も多いが,先に述べた植物の葉の運動のようにその意味の不明りょうな場合もある。…

【体】より

…脳下垂体前葉からは,このほか,糖や脂質の代謝や骨の成長にたいせつな成長ホルモンを分泌する。ホルモン
[体と日周リズム]
 体の多くの活動は体に内蔵されている生物時計の支配下におかれ,25時間に近い周期をもっている。この周期は概日リズム,または日周リズムと呼ばれる。…

【光周性】より

…どのような光周反応でも,光周情報→測時機能→神経分泌機構→反応の表現,という経路があるはずで,1日の明暗の時間を測る時計機構の存在が前提となる。そこで現在,生物時計との関連が追求されているが,脊椎動物でも昆虫でも,光周期を測る生物時計の実体はまだ完全には解明されていない。【正木 進三】
[植物における光周性]
 光周性に依存する植物の現象としては花芽形成,茎の伸長,休眠,落葉などが知られているが,とりわけ花芽形成についてよく研究されている。…

※「生物時計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生物時計の関連キーワード光周性(こうしゅうせい)E. ビュンニングシアノバクテリア体内カレンダーサージ ダアンビュンニングブルーライトエソロジーBMAL1リヒター生物季節松果体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物時計の関連情報