コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睡眠障害 すいみんしょうがいsleep disturbance

4件 の用語解説(睡眠障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

睡眠障害
すいみんしょうがい
sleep disturbance

睡眠がなんらかの原因で妨げられる状態で,主として不眠症 (→不眠 ) をさすが,うつ病統合失調症などによる睡眠量の減少や,脳幹の機能失調または障害による睡眠過剰もある。不眠症の原因としては,外部環境の影響 (騒音など) ,興奮や不安,薬物依存,脳,呼吸器,循環器などの疾患があげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいみん‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【睡眠障害】

正常な睡眠がとれない障害。夜間に十分な睡眠がとれない、昼間に急に眠くなる、集中力に欠ける、注意力が落ちるなどいろいろな症状がある。原因はさまざま。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいみんしょうがい【睡眠障害】

睡眠に関する質的・量的な障害。眠りが浅い・すぐ目が覚める・寝つきが悪いなどの不眠症状のほか、睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシーなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

睡眠障害
すいみんしょうがい
sleep disorderssleep disturbance

生理的な睡眠が質的あるいは量的に障害されるもので、(1)睡眠の開始と維持の障害(不眠症)、(2)睡眠過剰(過眠症)、(3)睡眠覚醒スケジュール(概日(がいじつ)リズム)の障害、(4)睡眠随伴症(パラソムニア)の四つに分けられてきたが、最近の国際分類(ICSD。1990年にアメリカ睡眠障害連合会が中心となり作成)では(1)睡眠異常症(不眠、過眠、概日リズム性障害を含む)、(2)睡眠随伴症、(3)内科的・精神科的障害に関連する睡眠障害(精神疾患、神経疾患、内科的疾患に伴うもの)、(4)提案、検討中の睡眠障害に分類されている。
 臨床的にもっとも頻度が高いのは不眠である。成人の睡眠時間は平均8時間前後であり、個人差が大きいが、6時間以下しか眠れない場合を便宜上、不眠(睡眠減少)とする。不眠はその現れ方により常習性不眠と機会性不眠(特殊な状況下でのみおこるもの)に分けられ、形態からは入眠障害、熟眠障害(浅眠、中途覚醒)、早朝覚醒などに分けられる。また不眠を原因によって分類すると、騒音や気温などによる環境因性、痛み・かゆみ・睡眠時無呼吸などによる身体因性、脳血管障害などによる脳器質性、うつ病や統合失調症(精神分裂病)による精神病性、神経症性、老人性、薬物離脱性、精神生理性(神経質性)などとなり、治療に際してはまず原因に対処し、必要に応じて精神療法や睡眠薬療法を行う。
 過眠症には居眠り病ともよばれるナルコレプシーをはじめ、1週間前後の傾眠期を反復する反復性過眠症、過度の肥満による上気道閉塞(へいそく)や睡眠中枢の脆弱(ぜいじゃく)性などによる睡眠時無呼吸症候群などがある。また、概日リズム性睡眠障害には時差ぼけ、夜間勤務者の睡眠障害や睡眠相後退症候群などが属し、睡眠随伴症に属する夢遊症や夜驚症、夜尿症などは睡眠時の覚醒機能の障害によるものと考えられる。[大熊輝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の睡眠障害の言及

【睡眠】より

…室温は20℃くらいで,寝具内の温度は36℃くらい,湿度は60%前後が最も眠りやすいとされている。
[睡眠障害]
 睡眠障害の最も代表的なものは不眠症であるが,これについては〈不眠症〉の項目を参照されたい。ここではそれ以外の睡眠障害について述べる。…

※「睡眠障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

睡眠障害の関連情報