ブレーデロ(読み)ぶれーでろ(英語表記)Gerbrand Adriaensz Bredero

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレーデロ
ぶれーでろ
Gerbrand Adriaensz Bredero
(1585―1618)

オランダの民衆詩人、劇作家。アムステルダム生まれ。高等教育は受けなかったが、英、仏、ラテン語を習得し、単に民衆詩人の域にとどまらず、ホーフト、グロティウスらと交わり、ルネサンス芸術も大いに吸収した。詩は『民衆の巻』『恋の巻』『信仰の巻』の3巻に収められている。喜劇に長じ、『牛の喜劇』(1612)、『水車番の喜劇』(1613)、代表作『スペインからのブラーバンド人』(1617)はスペインの悪漢小説に題材を得たとはいえ、登場人物は生粋(きっすい)のアムステルダムの下町衆である。33歳で夭折(ようせつ)[近藤紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android