コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーフト ホーフトHooft, Pieter Corneliszoon

3件 の用語解説(ホーフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーフト
Hooft, Pieter Corneliszoon

[生]1581.3.16. アムステルダム
[没]1647.5.21. ハーグ
オランダの詩人,劇作家,歴史家。父はアムステルダム市長。法律を修め,マイデンとホーイの司法官となる。主著,詩劇『グラニダ』 Granida (1605) ,『オランダ史』 Nederlandsche historiën (42) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホーフト【Pieter Corneliszoon Hooft】

1581‐1647
オランダの詩人,劇作家,歴史家。アムステルダムの市長の子に生まれ,ラテン語学校を卒業後,イタリアに旅行し,イタリア・ルネサンス芸術に親しくふれて決定的影響を受けた。その後,ライデン大学で法学を修め,1609年から没年にいたるまでマイデンの代官を務めた。その間,官邸のマイデン城に学者,文人,芸術家を招いて知的交流をはかり,いわゆるマイデンの会の主宰者としてオランダ・ルネサンス文化の発展に貢献した。作品に田園詩劇《フラニーダ》(1605),無類の吝嗇(りんしよく)漢を描いた喜劇《ワーレナル》(1616),オランダ独立戦争を記録した大著《オランダ史》27巻(1642‐54)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーフト
ほーふと
Pieter Corneliszoon Hooft
(1581―1647)

オランダの詩人、劇作家。オランダ・ルネサンスの中心人物。商家の出で、父はアムステルダム市長。イタリアに旅し、その後ライデンで法律を修め、マイデル城地区の司法官になる。有名な芸術家の集まり「マイデル城サークル」の中心人物。ヒューマニストとして、ギリシアローマの古典文化に傾倒し、また流麗でエロティックな詩集を発表した。悲劇詩人セネカの筆法に従った戯曲は有名で、田園生活を謳歌(おうか)し、退廃の貴族生活を嘲笑(ちょうしょう)した『グラニダ』(1605)はじめ、『ヘーラルド・ファン・フェルセン』(1613)、『バトー』(1626)が代表作。1626年以後、散文に専念。歴史小説も手がけたが、傑作『オランダ史』(1642)は未完に終わった。[近藤紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のホーフトの言及

【オランダ文学】より

…16世紀半ばに始まるスペインの専制支配に抵抗して独立を達成したオランダは,17世紀に入ると,ヨーロッパの最先進国としていわゆる〈黄金時代〉を迎え,学術・文芸が一時に開花して大詩人,劇作家が輩出した。田園詩劇《フラニーダ》(1605)や独立戦争の記録《オランダ史》(1642‐54)を書いたホーフト,喜劇《スペイン系ブラバント人》(1617)のブレーデロー,抒情詩《ハーグの森》(1621)のハイヘンスConstantijn Huygens(1596‐1687),詩劇《ルシフェル》(1654)や《追放されたアダム》(1664)のフォンデルなどがそれである。また,聖書のオランダ語国定訳(1637)が標準文章語の形成に与えた影響も特筆に値する。…

※「ホーフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ホーフトの関連キーワードNPO阿賀川梅津政景日記和蘭帝釈山脈ユトレヒト同盟上井覚兼日記エルマークキリシタン学校コレジヨ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーフトの関連情報