悪漢小説(読み)アッカンショウセツ

デジタル大辞泉「悪漢小説」の解説

あっかん‐しょうせつ〔アクカンセウセツ〕【悪漢小説】

picaresque novel/〈スペイン〉novela picaresca》16世紀、スペインにおこった小説の一形式。下層階級出身で悪知恵に富む主人公の体験や生活を、諧謔(かいぎゃく)と風刺をもって描く。作者不明の「ラサリーリョ=デ=トルメスの生涯」に始まり、ル=サージュの「ジル=ブラス物語」などがある。ピカレスクロマン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「悪漢小説」の解説

あっかん‐しょうせつ アクカンセウセツ【悪漢小説】

〘名〙 一六世紀スペインで流行した、悪漢ピカロ)を主人公とする写実様式の小説。ヨーロッパ各国に広まった。ピカレスク。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵「悪漢小説」の解説

悪漢小説

ピカレスク小説」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android