悪漢小説(読み)あっかんしょうせつ

知恵蔵の解説

悪漢小説

ピカレスク小説」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

あっかん‐しょうせつ〔アクカンセウセツ〕【悪漢小説】

picaresque novel/〈スペイン〉novela picaresca》16世紀、スペインにおこった小説の一形式。下層階級出身で悪知恵に富む主人公の体験や生活を、諧謔(かいぎゃく)と風刺をもって描く。作者不明の「ラサリーリョ=デ=トルメスの生涯」に始まり、ル=サージュの「ジル=ブラス物語」などがある。ピカレスクロマン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あっかん‐しょうせつ アクカンセウセツ【悪漢小説】

〘名〙 一六世紀スペインで流行した、悪漢(ピカロ)を主人公とする写実様式の小説。ヨーロッパ各国に広まった。ピカレスク。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪漢小説の関連情報