コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロア城 ブロアジョウ

デジタル大辞泉の解説

ブロア‐じょう〔‐ジヤウ〕【ブロア城】

Château de Blois》フランス中部、ロアール‐エ‐シェル県の都市、ブロアの旧市街中央にある城。13世紀に建てられた要塞が、16世紀初頭のルイ12世の時代に改築された。その後、17世紀初頭のアンリ4世までフランス王の居城となり、増改築が繰り返されたため、ゴシック様式のルイ12世棟、ルネサンス様式の螺旋(らせん)階段で知られるフランソワ1世棟など、さまざまな建築様式が見られる。ロアール渓谷流域の古城の一つとして知られ、2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ブロワ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブロア城の言及

【ブロア】より

…パリの南西約177km,ロアール川右岸の高台にそびえる。ブロア城を中心に発達した城下町で,この地方の行政,商業,観光の中心である。現存するブロア城の最古の部分は13世紀に造営された三部会室とフォア櫓である。…

※「ブロア城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブロア城の関連キーワードブロア(フランス)ルネサンス建築ロアール川室内装飾

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android