コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブート ブート

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブート

コンピューターを起動すること。ブートストラップとも呼ばれる。コンピューター電源を入れると、ROMに組み込まれたソフトウェアを実行することで、OSが呼び出され、起動の処理が行われる。これをブート処理という。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ブート

パソコンを起動することです。
⇨起動

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ブート

コンピューターの電源を入れ、使えるようにすること。そもそもはブーツのひもを結ぶ様から「準備をする」という意味合いの俗語だったが、現在はこちらの意味が主流となった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ブート【boot】

コンピューターを起動すること。電源投入後、オペレーティングシステムが起動するまでの一連の処理を指す。◇「ブートストラップ」ともいう。⇒起動

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブート【boot】

コンピューターのプログラムを自動的にロードすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のブートの言及

【ヒンドゥー教】より

…日本では毘沙門天,多聞天となる),サラスバティー(弁才天といわれる)などのように,日本で崇拝されている神々もある。またヤクシャ,ガンダルバなどの半神半人,牛,猿などの動物,シェーシャなどの蛇,アシュバッタ樹やトゥルシーなどの草木,カイラーサ山などの山,ガンガー(ガンジス)川などの河川やワーラーナシーなどの聖地の崇拝,ブートなどの精霊崇拝も見のがすことはできない。
[宗派]
 ヒンドゥー教でもその展開の過程において宗派が生じたが,その多神教的性格を反映し,異なった宗派は異なった主神を中心とするグループとして現れた。…

※「ブート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブートの関連キーワードmultiboot systemプライマリDOSパーティションダンロップ・ホールディングスVMware FusionOpen FirmwareDHCPリレーエージェントwarm restartジョン・T. ランドール拡張DOSパーティションブートストラップローダーcold restartPXEネットワークブートプライマリパーティション非DOSパーティションMacBook Airafter bootsデュアルブートシステムパーティションテーブルMac OS ROMwarm reset

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブートの関連情報