ブーメラン現象(読み)ブーメランゲンショウ

  • ブーメランげんしょう〔ゲンシヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

自分の行為の影響がそのまま自分に及ぶこと。他人の失敗や不正批判したが同様の行為をしていたと後になって発覚し、自らも批判を受けること。→天に向かって唾を吐く
[補説]平成16年(2004)に自民党の閣僚らが過去に公的年金未納だった期間があることが発覚。当時野党民主党が激しく批判したが、直後に同党幹部らにも未納期間があったことが判明し、主にインターネット上で「ブーメラン現象」と揶揄(やゆ)された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブーメラン現象の関連情報