コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーメラン現象 ブーメランゲンショウ

デジタル大辞泉の解説

ブーメラン‐げんしょう〔‐ゲンシヤウ〕【ブーメラン現象】

自分の行為の影響がそのまま自分に及ぶこと。他人の失敗や不正を批判した者が同様の行為をしていたと後になって発覚し、自らも批判を受けること。→天に向かって唾を吐く
[補説]平成16年(2004)に自民党の閣僚らが過去に公的年金未納だった期間があることが発覚。当時野党の民主党が激しく批判したが、直後に同党幹部らにも未納期間があったことが判明し、主にインターネット上で「ブーメラン現象」と揶揄(やゆ)された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブーメラン現象の関連キーワードプラント輸出エアトン補説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android