コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プシュチナ プシュチナPszczyna

1件 の用語解説(プシュチナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プシュチナ
プシュチナ
Pszczyna

ポーランド南部,シロンスキェ県の都市。クラクフの西約 75km,ウィスワ川の支流プシュチンカ川沿いに位置する。 12世紀から 14世紀初めまで2度シロンスク・ピアスト家領 (→ピアスト朝 ) ,その後はプシュチナ侯 (ドイツ人) の所領となり,1742年以後はプロシアに属して,住民の大多数を占めるポーランド人に対するゲルマンの支配が続いたが,1921年,住民投票の結果ポーランド領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone