コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プノ Puno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プノ
Puno

ペルー南部,プノ県の県都。アレキパの東北東約 180km,アンデス山脈中に広がるチチカカ湖の北西岸に位置する。標高 3825m。ペルーのアンデス地方南部の商業中心地で,羊毛,アルパカ毛,ラマ毛などの取引が盛ん。 1668年建設された古い町で,市内には 1754年建造の大聖堂をはじめとするスペイン植民地時代の建物が保存されており,また沿岸の湖中にはインディオの住む浮島などがあり,観光中心地としてもにぎわう。国立アルティプラノ工科大学 (1865創立,1961再開) 所在地。パンアメリカン・ハイウェーに沿う交通の要地で,アレキパ,クスコ両方面と鉄道で連絡。また世界で最も高いところにある可航湖であるチチカカ湖の主要港であり,湖の南端にあるボリビアのグアキとの間に定期航路が開かれている。人口9万 9600 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プノの関連キーワードウドン(Jeanスティルプノメレン(データノート)アレクサンダー リアプノフカプノサイトファーガ症ウドン(カンボジア)ポチェントン国際空港ラコーン・バサックプノンペン国際空港アルティプラノ高原ヤショバルマン1世ピンク・フロイドコンポンチナンシェムリアップシアヌークビルシリク・マタクトンレバティ湖シルバーパゴダティティカカ湖ウルバンバ川ベルベデール

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android