コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラエフェクツス・ウルビ praefectus urbi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラエフェクツス・ウルビ
praefectus urbi

古代ローマの最高政務官 (高級官僚) 。都市長官の意。当初,王または執政官 (コンスル ) がローマに不在の際,その代理となった。前 367年法務官 (プラエトル ) が執政官不在中その職務を代行するようになって以来,プラエフェクツス・ウルビの権限は著しく減少したが,皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) によって新しい職務となった。おそらく 13年ルキウス・ピソの任命をもって始り,執政官級の元老院議員が選任され,数年間服務,命令権 (インペリウム ) をもって首都ローマの治安にあたり,常備警察隊を指揮した。後期ローマ帝国まで存続し,359年にはコンスタンチノープルにも設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android