コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラクシス 〈ギリシャ〉prāxis

大辞林 第三版の解説

プラクシス【praxis】

〘哲〙 対象に対して実践的に働きかける行為的態度。実践。実行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のプラクシスの言及

【実践】より

…もちろんこれらの語は,日常的には厳密に区別されない。また,理論と実践の区別も絶対的ではなく,理論も対象に働きかける人間活動である点からすれば,両者は相互に影響しあう人間活動の二つの相であり,このような上位概念としての人間活動を実践,あるいはとくに〈プラクシス〉と呼ぶこともある。 実践を意味する西欧語は,〈活動〉を意味するギリシア語のプラクシスpraxisに由来する。…

【テオリア】より

…ちなみに英語のtheatreも〈見るための場所〉,すなわち劇場を意味するギリシア語のtheatronに由来する。アリストテレスは〈プラクシスpraxis(実践活動)〉に対して〈テオリアの生活bios theōrētikos〉を重視し,これを人間生活の理想とした。最高の神も彼にとっては見ることだけをこととする〈ヌースnous(直観的理性)〉であった。…

※「プラクシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラクシスの関連キーワードフロネシス実践哲学テオリア実践対象思弁

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラクシスの関連情報