観想(読み)かんそう(英語表記)theōriā ギリシア語

日本大百科全書(ニッポニカ)「観想」の解説

観想
かんそう
theōriā ギリシア語
contemplatio ラテン語

観照ともいう。「眺める」を意味する古代ギリシア語の動詞theōreinに由来し、世界の存在事物を、そのあるがままの姿で眺めること、また、そのように眺めることを愛好する態度や生き方、さらに、そのような態度から結果する、実利を離れた学問研究をいう。アリストテレスは人間の生き方を、追求される最高目的の3種(快楽、名誉、観想)に応じて3種に分かち、これらを享楽生活、政治生活、観想生活とよんだ(『ニコマコス倫理学』I5)。観想生活は哲学者が目ざすものであり、それは、世界の必然的な根拠を観想する神の理性の永遠不変な活動に、人間に許される範囲であずかるものであるとされた。3種の生活の別はピタゴラスに由来するとされることもあるが、古期ピタゴラス派において学問研究が実利を離れた観想とみなされていたかどうかは疑問とされることもある。

 中世では、これはキリスト教の修道生活の理想に適用され、現世の快楽と実利を捨て、神にのみ目を向けて、神の業(わざ)を賛美し、神の意志の成就(じょうじゅ)をひたすら祈念する生活が観想生活とよばれた。そこで、人間は神から注がれる恩寵(おんちょう)によって受動的に神のものとされ、神のうちに生き、神を観(み)るものとなる。

[加藤信朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「観想」の解説

かん‐そう クヮンサウ【観想】

〘名〙
① 仏語。ある特定の事物に心を注して、迷情を除こうとする修行。不浄観や日想観など、対象により種々ある。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「古来仏祖、いたづらに一日の功夫をつひやさざる、よのつねに観想すべし」 〔秘密大乗経‐一九〕
② 一定の対象を観察し、それについて一心に思いをこらすこと。
※俳諧・おらが春(1819)跋「人情世態無常観想残すなし」
③ 実利実益をはなれた純粋な知的態度。経験を超えた存在と真理をとらえようとする考察。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「観想」の解説

観想
かんそう
theōria; contemplatio

広義には実践的態度に対する,認識瞑想黙想などの静観的態度をいい,アリストテレスは『ニコマコス倫理学』で,人間の至福はこの人間に固有な知性的態度に即した生活にあると述べている。狭義には新プラトン派やグノーシス派などの神秘的思想宗教において,生成消滅するもろもろ事象背後にひそむ超感覚的,超越的存在を直観すること,あるいは神的存在と一することをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「観想」の解説

かん‐そう〔クワンサウ〕【観想】

[名](スル)
仏語。特定の対象に向けて心を集中し、その姿や性質を観察すること。観念。
そのものの真の姿をとらえようとして、思いを凝らすこと。「人生を観想する」
テオーリア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の観想の言及

【テオリア】より

…〈見ること〉〈観想〉を意味するギリシア語の名詞。theory(法則,理論)はこの語を英語化したもの。…

【曼荼羅】より

…その境地を心に留めたものが自性曼荼羅である。経典の冒頭には,如来はその超能力によって,説法に集まった衆生に仏の世界を〈観せる〉が,のちに衆生も観想の法を段階的に修行することによって,みずからの力によって仏の世界を〈観る〉ことができるようになる,という話がある。このように観想によって仏の世界を心に描いたものを観想曼荼羅という。…

※「観想」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android