コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラグアンドプレイ プラグ アンド プレイ

2件 の用語解説(プラグアンドプレイの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プラグアンドプレイ

パソコン本体に接続する周辺機器拡張カードなどの設定を自動化する機能。米インテル社と米マイクロソフト社が提唱した。パソコンに新しいハードウェアを追加すると、OSが自動的に検出してデバイスドライバーの組み込みや設定をする。接続(プラグ)したら、すぐに使える(プレイ)ことを目的に作られた。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

プラグアンドプレイ【plug and play】

コンピューターに周辺機器や拡張カードを接続すると、自動的にデバイスドライバーを組み込んだり、最適な設定を行ったりする機能。◇「PnP(ピーエヌピー)」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラグアンドプレイの関連キーワード一体型パソコン拡張カードコネクタシリアルポートネットワークカードPCMCIAポートリプリケーターUSBポートリプリケータ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラグアンドプレイの関連情報