コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスチック化粧板 プラスチックけしょうばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラスチック化粧板
プラスチックけしょうばん

クラフト紙プラスチックを含浸させ,高温高圧で固めたものに,ごく薄い紙状の木や,模様を印刷した紙などをはって模様をつけ,板状にしたもの。プラスチックはメラミン樹脂フェノール樹脂,ポリエステル樹脂,塩化ビニル樹脂,ダップ樹脂などが用いられ,製造法によって熱硬化性樹脂オーバーレイ板,熱可塑性樹脂オーバーレイ板,プリント板,塗装板などに分けられる。日本では 1953年に住友ベークライトが高圧メラミン化粧板「デコラ」を商品化したのに続き,日立化成工業 の「ヒッター」(1954)や松下電工の「パネライト」(1958)などが発売された。特色は,表面のプラスチック板の種類と品質に左右されるが,(1) 表面硬度がある,(2) 美しい,(3) 種々の模様がつけられる,(4) 耐摩耗性が優れている,(5) 機械的強度も大きいなど。普通の木材に比べ,多くの利点をもっているが,薄いため下地材の上にはり合わせて使用する。このはり合わせたものをプラスチック化粧板と呼ぶこともある。こたつ板,机,テーブル,家具や建築材料などに使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プラスチック化粧板の関連キーワード化粧合板

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android