塩化ビニル樹脂(読み)エンカビニルジュシ

化学辞典 第2版「塩化ビニル樹脂」の解説

塩化ビニル樹脂
エンカビニルジュシ
vinyl chloride resin

略称PVC樹脂.一般式


で表される塩化ビニルの重合体.現在,工業的には主として塩化ビニルの懸濁重合でつくられている.すなわち,耐圧反応容器内に少量の分散剤(おもにポリ(ビニルアルコール)),重合開始剤を含む水中に塩化ビニルモノマーを加え,はげしくかくはん,分散懸濁させて重合反応を行わせる.反応終了後,懸濁スラリーからPVC粒子を分離,乾燥させると粒径約100~150 μm のPVC粒状粉末が得られる.乳化重合は古くからヨーロッパで行われてきたが,現在では特殊用途のいわゆるペースト樹脂の生産に採用されている.水の使用量を減らして懸濁重合のコストを下げる試みとして,塊状重合も一部では行われている.PVC粉末は白色で,密度1.2~1.6 g cm-31.54.ガラス転移点70~80 ℃,約150~200 ℃ で融解する.耐水,耐酸,耐アルカリ性,電気絶縁性にすぐれ,難燃性である.しかし,熱,光に比較的抵抗性を欠き,脱塩酸して着色する.したがって,一般に可塑剤,安定剤,充填剤などの補助材料を加え成形加工される.可塑剤の混入度によって軟質,硬質に分けられる.フィルム,レザー,電線被覆,シート,繊維,パイプなどで広く利用されているほか,酢酸ビニル,塩化ビニリデン,アクリル酸エステル,アクリロニトリルなどの共重合体としての用途も多い.[CAS 9002-86-2][別用語参照]硬質ポリ(塩化ビニル)ポリ(塩化ビニル)

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「塩化ビニル樹脂」の解説

塩化ビニル樹脂【えんかビニルじゅし】

ポリ塩化ビニル熱可塑性樹脂で,塩化ビニルを重合して作られる。塩ビと略称されることもある。比重約1.4の白色粉末。120〜150℃で可塑化し,170℃以上では分解して塩酸を放出する。可塑剤を加えない硬質と可塑剤を加えた質に大別。成形性がよく,軟質製品はフィルム,シート,レザー,床材料,電線被覆,ホース,造花,玩具(がんぐ)など,硬質製品は水道管,電線管,簡易容器,びんなどに広く利用。ゴミ焼却の際,この物質を素材とするものが混入していると有害なダイオキシンの発生を招くことが知られるようになった。
→関連項目酢酸ビニル樹脂熱可塑性樹脂ビニル樹脂プラスチック版ポリ塩化ビニル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「塩化ビニル樹脂」の解説

えんかビニル‐じゅし エンクヮビニル‥【塩化ビニル樹脂】

〘名〙 塩化ビニルの単独重合体、および塩化ビニルを主とした共重合体の総称。シート、レザー、ペースト、軟・硬質パイプ、フィルム、塗料、接着剤などに広く用いる。PVC。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android