コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化ビニル樹脂 エンカビニルジュシ

百科事典マイペディアの解説

塩化ビニル樹脂【えんかビニルじゅし】

ポリ塩化ビニル熱可塑性樹脂で,塩化ビニルを重合して作られる。塩ビと略称されることもある。比重約1.4の白色粉末。120〜150℃で可塑化し,170℃以上では分解して塩酸を放出する。
→関連項目酢酸ビニル樹脂熱可塑性樹脂ビニル樹脂プラスチック版ポリ塩化ビニル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

塩化ビニル樹脂の関連キーワードラビットノン塩ビ消しゴム エコイレーザーテトラヒドロフランプラスチックシートビニルレザークロスプラスチックタイル日本カーバイド工業塩化ビニルモノマー日本ゼオン[株]ビニルペイントダイオキシンプラスチックビニルタイル無水フタル酸金属せっけんビニルレザー塩化ビニル管ビニル鋼板日本ゼオンハロゲン化リノリウム

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android