クラフト紙(読み)くらふとし(英語表記)kraft paper

日本大百科全書(ニッポニカ)「クラフト紙」の解説

クラフト紙
くらふとし
kraft paper

未晒(みさらし)のクラフトパルプ原料としたの総称。茶褐色を呈し、強い。重クラフト紙、筋入りクラフト紙などの包装紙や紙テープ原紙などがある。日本ではクラフト紙の原料として針葉樹および広葉樹などの木材のクラフトパルプが、一部の国では藁(わら)、バガス(サトウキビの茎を圧搾してショ糖を分離した繊維質の残物)などの非木材のクラフトパルプが、いずれも未晒の状態で用いられている。とくにセメント、小麦粉などを入れる重袋用のクラフト紙は引裂き強さなどが要求されるため針葉樹のパルプを原料とする。クラフトパルプは、抄紙に先だって粘状叩解(こうかい)を行い、さらに耐水性をもたせるため強サイズ(紙料中に膠(にかわ)状の液を加える)を行う。抄紙機としては一般に長網(ながあみ)抄紙機が、抄(す)きむらが少なく、かつ縦横の強度比の少ない紙を大量に抄造するのに向いているため用いられる。

[御田昭雄 2016年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「クラフト紙」の解説

クラフト紙
クラフトシ
kraft paper

クラフトパルプを原料としてつくった.強度的性質にすぐれている.針葉樹材からつくったクラフトパルプの場合,とくにこの性質にすぐれている.普通は未さらしパルプを用いるため茶褐色であるが,さらしパルプを用いて白色度を増したものもある.おもな用途は重包装用紙で,セメント袋に代表される.封筒,一般包装用紙にも使われ,加工してガムテープパラフィン紙電気絶縁紙研磨紙などにも用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「クラフト紙」の解説

クラフト紙【クラフトし】

未さらしのクラフトパルプですいた褐色の紙。強く,表面が粗で,セメント袋,肥料袋,米・麦・砂糖などの食品や農産物の袋,封筒,その他一般包装用。またガムテープ,アスファルト紙,研磨紙などに二次的に加工される。さらしクラフトパルプですいた白色のものは,印刷して包装紙や手さげ袋などに使用。→包装用紙
→関連項目ハトロン紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クラフト紙」の解説

クラフト紙
クラフトし
kraft paper

クラフトパルプからつくった包装用紙。強度,防湿性,印刷適性,加工適性が良好であるため,紙袋として,セメント,肥料,デンプンなど産業用資材の包装に使用されるほか,ガムテープ,防錆紙剥離紙などの原紙として用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「クラフト紙」の解説

クラフト‐し【クラフト紙】

〘名〙 (Kraft paper) (もと、力、強さなどののドイツ語 Kraft から) 硫酸パルプから作った茶色のじょうぶな紙。包装用・セメント袋などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「クラフト紙」の解説

クラフト‐し【クラフト紙】

kraft paperクラフトパルプを原料とした丈夫な紙。褐色のものが多い。セメント・肥料・穀物などの袋や包装紙・封筒などに使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「クラフト紙」の解説

クラフト紙

 さらしていない茶褐色の紙で,コメやムギなどを入れる紙袋などに使用しているもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「クラフト紙」の解説

クラフトし【クラフト紙 kraft paper】

広義にはクラフトパルプを原料とした紙をいうが,狭義には未さらしクラフトパルプを原料とした,このパルプ特有の茶色の紙をさす。語源はドイツ語のKraft(力)であり,クラフト紙は強度のある紙として包装用紙に広く使用されている。とくに重量がかかる米,砂糖,セメント,肥料などの包装に使用されている重袋(じゆうたい)用クラフト紙は,繊維の長い針葉樹を用いているので非常に強く,幅が10cmもあれば人がぶら下がれるほどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクラフト紙の言及

【紙】より


[包装用紙]
 印刷用紙が印刷を目的として表面平滑性を重視するのに対し,包装用紙は強度に重点を置き,包装に使う紙の総称である。重袋(じゆうたい)用両更(りようざら)クラフト紙はセメントや飼料,農産物などの重量物の包装袋に用いる紙で,未さらしクラフトパルプを原料としたじょうぶな紙である。厚さは0.1mm以下であるが15cmの幅があれば大人1人の体重を支えることができる。…

※「クラフト紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android