コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラフト紙 クラフトし kraft paper

7件 の用語解説(クラフト紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラフト紙
クラフトし
kraft paper

クラフトパルプからつくった包装用紙。強度,防湿性,印刷適性,加工適性が良好であるため,紙袋として,セメント,肥料,デンプンなど産業用資材の包装に使用されるほか,ガムテープ,防錆紙,剥離紙などの原紙として用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クラフト‐し【クラフト紙】

kraft paperクラフトパルプを原料とした丈夫な紙。褐色のものが多い。セメント・肥料・穀物などの袋や包装紙・封筒などに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラフト紙【クラフトし】

未さらしのクラフトパルプですいた褐色の紙。強く,表面が粗で,セメント袋,肥料袋,米・麦・砂糖などの食品や農産物の袋,封筒,その他一般包装用。またガムテープ,アスファルト紙,研磨紙などに二次的に加工される。
→関連項目ハトロン紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

クラフト紙

 さらしていない茶褐色の紙で,コメやムギなどを入れる紙袋などに使用しているもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クラフトし【クラフト紙 kraft paper】

広義にはクラフトパルプを原料とした紙をいうが,狭義には未さらしクラフトパルプを原料とした,このパルプ特有の茶色の紙をさす。語源はドイツ語Kraft(力)であり,クラフト紙は強度のある紙として包装用紙に広く使用されている。とくに重量がかかる米,砂糖,セメント,肥料などの包装に使用されている重袋(じゆうたい)用クラフト紙は,繊維の長い針葉樹を用いているので非常に強く,幅が10cmもあれば人がぶら下がれるほどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クラフトし【クラフト紙】

クラフト-パルプなどから製する丈夫な褐色の紙。セメントや肥料の袋・包み紙・封筒などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラフト紙
くらふとし
kraft paper

未晒(みさらし)のクラフトパルプを原料とした紙の総称。茶褐色を呈し、強い。重袋用クラフト紙、筋入りクラフト紙などの包装紙や紙テープ原紙などがある。日本ではクラフト紙の原料として針葉樹および広葉樹などの木材のクラフトパルプが、一部の国では藁(わら)、バガス(サトウキビの茎を圧搾してショ糖を分離した繊維質の残物)などの非木材のクラフトパルプが、いずれも未晒の状態で用いられている。とくにセメント、小麦粉などを入れる重袋用のクラフト紙は引裂き強さなどが要求されるため針葉樹のパルプを原料とする。クラフトパルプは、抄紙に先だって粘状叩解(こうかい)を行い、さらに耐水性をもたせるため強サイズ(紙料中に膠(にかわ)状の液を加える)を行う。抄紙機としては一般に長網(ながあみ)抄紙機が、抄(す)きむらが少なく、かつ縦横の強度比の少ない紙を大量に抄造するのに向いているため用いられる。[御田昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラフト紙の言及

【紙】より


[包装用紙]
 印刷用紙が印刷を目的として表面平滑性を重視するのに対し,包装用紙は強度に重点を置き,包装に使う紙の総称である。重袋(じゆうたい)用両更(りようざら)クラフト紙はセメントや飼料,農産物などの重量物の包装袋に用いる紙で,未さらしクラフトパルプを原料としたじょうぶな紙である。厚さは0.1mm以下であるが15cmの幅があれば大人1人の体重を支えることができる。…

※「クラフト紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラフト紙の関連キーワードクラフトパルプ砕木パルプ桜紙ボール紙マニラ紙木材パルプ元結紙紙クロスクラフト100%パルメザンチーズ剝離紙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラフト紙の関連情報