コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラスチック軸受 プラスチックじくうけplastic bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラスチック軸受
プラスチックじくうけ
plastic bearing

軸受材料にプラスチックを用いたすべり軸受をいう。軽量で腐食されにくく,軸とのなじみがよいうえに,静かに運転できる利点をもつが,一般に機械的強度,耐熱性,放熱性に欠け,熱膨張,変形,膨潤などが大きい。したがって,特殊なものを除けば,主として低速,低荷重の小型機器に用いられる。材料にはフェノール樹脂,ポリアミド樹脂,フッ素樹脂,その他の樹脂が使用される。フェノール樹脂製は,水潤滑のときに摩擦係数が小さいので,圧延機の軸受 (ロールネック) やポンプなどの軸受に使用される。ポリアミド樹脂製は自己潤滑性があり,潤滑剤のないほうが摩擦係数が小さい。金属に薄く貼合せて,潤滑剤が嫌われるところに利用される。フッ素樹脂製は耐熱性にすぐれているが,耐摩耗性に欠けるので,金属粉末,ガラス,二硫化モリブデンなどを充填したものが多く用いられる。なお,テフロン膜と金属との接着性がよくないので,多孔質材に含浸させたテフロン含浸軸受がある。 250℃程度まで無潤滑軸受として使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android