コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膨潤 ぼうじゅんswelling

翻訳|swelling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膨潤
ぼうじゅん
swelling

ゲルを液体中に浸すとき,ゲルが液体を吸収して膨張する現象。液体がゲルの網目構造の間隙に浸入する結果起る。たとえば天然ゴムをベンゼンキシレンのような有機溶媒中に浸したり,木材を水中に浸したとき,膨張するのはこの例である。膨潤する際の圧力を膨潤圧といい,きわめて大きな圧力を示す。ゲルが液体を無制限に吸収すると,膨潤のあと溶解してゾルとなる。これを無限膨潤といい,多くの高分子はこの現象を示す。ゲルの網目構造の弾性が大きいときは膨潤はある範囲で停止する。これを有限膨潤という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐じゅん〔バウ‐〕【膨潤】

物質が溶媒を吸収して体積を増加する現象。ゼラチンが水を含んで膨らむなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

膨潤【ぼうじゅん】

弾性のあるゲルが溶媒を吸収して体積が増加する現象。ゼラチンを水に入れたり,ゴムをベンゼンに浸したときなどに見られる。一般に熱の発生を伴い,外部に強い圧力(膨潤圧)を示す。
→関連項目吸収(化学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

膨潤

 物体が水を吸収してその体積が非常に大きくなる現象.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうじゅん【膨潤 swelling】

物質が溶媒を吸収してふくらむ現象で,高分子物質の溶解の際にみられることがある。高分子物質は,固体状態ではそれを構成している高分子鎖の間の相互作用が強いが,これを溶媒中に浸すとその高分子鎖の間に溶媒分子が入り込んでゲル状にふくれあがる。ついで溶媒分子にとりかこまれた高分子鎖が1本ずつ離れて溶媒の中に分散し,溶解する(図参照)。高分子物質がその高分子鎖間のところどころで結合した構造(橋架け構造)をもつ場合には,高分子鎖どうしは離れえないので,溶媒中では膨潤はするが溶解はしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうじゅん【膨潤】

水分を含んで、膨れること。特に、高分子物質が溶媒を吸収し、体積が膨張すること。膨化。 「 -特性」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膨潤
ぼうじゅん
swelling

弾性ゲルが液体(分散媒)を吸収して体積を増加させる現象をいう。高野豆腐(こうやどうふ)やゼラチンを水に入れた場合によく観察される現象である。一般には熱の発生を伴う。電解質などによって影響を受けやすく、塩類の存在によって膨潤度が小さくなり、酸やアルカリが存在すると膨潤度が大きくなるものが多い(昆布を戻すときに食酢が有効であることなどがその例である)。膨潤に際して体積の膨張を妨げると、著しい圧力を示すが、この圧力を膨潤圧という。乾燥した木材や植物の根、種子(豆など)においては、かなり大きな膨潤圧が認められ、ときには岩石や器物を破壊するほどに至ることも知られている。
 親水性高分子のゲルが水によって膨潤をおこす際の無機イオンによる抑制の効果は、イオンの離液順列に従う。[山崎 昶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

膨潤の関連キーワードエルゴステロール生合成阻害剤ウォッシュ・アンド・ウェアウォッシュ・アンド・ウエアフローリー‐レーナーの式リチウムイオン電池ビスコースレーヨンバルカンファイバーモンモリロナイト橋かけ(橋架け)細胞壁合成阻害剤ポリノジック繊維トラガカントゴムプラスチック軸受パーチメント紙細胞分裂阻害剤乳酸カルシウム吸収(化学)ベントナイトスメクタイト熱帯黒色土壌

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android