プラテーロと私(読み)プラテーロトワタシ

デジタル大辞泉の解説

プラテーロとわたし【プラテーロと私】

《原題、〈スペイン〉Platero y yoヒメネスの散文詩。1917年刊。アンダルシア地方の自然や人々について、ロバのプラテーロに語りかける形で描かれている。別邦題「プラテーロとぼく」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラテーロと私
ぷらてーろとわたし
Platero y yo

スペインの詩人ヒメネスの代表的散文詩。1917年刊。詩人が郷里モゲールで療養生活を送っていたころに書かれた。銀色のロバ、プラテーロ(小さくて、むくむく毛が生え、ふんわりしている)に託して、モゲールの自然やそこに住む人々との交流を歌ったもの。全編に流れる生きとし生けるものに対する愛と善意に裏打ちされた繊細な叙情性、ときおり織り込まれる哀切なドラマティズムは、散文でありながら詩の極致を思わせる。発表以来、スペインはもとより、全世界で大きな反響を巻き起こした。美しい田園で繰り広げられる、ロバと優しい詩人の対話という設定は、読者の範囲を年少者にまで広げている。[有本紀明]
『長南実訳『プラテーロとぼく』(岩波少年文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android