極致(読み)きょくち

精選版 日本国語大辞典「極致」の解説

きょく‐ち【極致】

〘名〙 それ以上にはならない、最上の状態。そのをきわめつくした境地極髄。極所。
※旱霖集(1422)一・瞽殺人論「其中能説聖人用之極致、得親切著明者、莫善於焉」
※内部生命論(1893)〈北村透谷〉「万有眼光には万有の中に其極致を見るなり」 〔春秋公羊伝‐注疏序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android